女性はなぜカードローンの利用者が少ないのか

女性のカードローン利用者は全体の2割程度となっており、男性と比べてかなり少ないのが現状です。年収を見ると女性のほうが少ないので、お金が足りなくなるのは女性に思えますが、実際にはこれはあまり関係ないようです。

 

収入が少なくともローンを利用しない人もいれば、その逆もいるため、収入の金額とは比例していません。男性と比較して女性は、ローンに抵抗を覚える方が多いため、利用者が少なくなっているようです。

 

テレビなどの影響もあり、ローンは怖いものという認識があるのかもしれません。女性専用のローンが多い理由は、女性の利用者を積極的に増やしていくためです。女性向けカードローン、キャッシング、フリーローンといった商品は多く、低金利が魅力的となっています。さらにカスタマーサービスがすべて女性対応なので、安心して相談できるのが魅力です。

 

現在は通常のカードローンも利用しやすくなり、女性向け商品との差別化はほとんどなくなりましたが、カスタマーサービスで男性スタッフと相談するのが苦手という理由で、女性専用商品を選ばれる方は多いです。それ以外の内容については、ほとんど同じであり、昔のように限度額・金利による差はほとんど見られません。

女性も利用しやすい借り入れなら銀行か

女性は消費者金融を利用することに抵抗を感じるものですので、安心して利用したいならおまとめも出来るオリックス銀行が良いでしょう。